山形新幹線でモバイルSuica特急券|山形県民よ、東京行くならおトクなモバイルSuica特急券を使おう

旅行記

スポンサーリンク



どーも、タカハシシ(@ensis0exsequens)です。

あなたは山形新幹線に乗る時、モバイルSuica特急券を使っていますか?

…使っていませんね?

だって、これまで山形〜東京間の移動で10往復ほどモバイルSuica特急券を使っているわたしですが、未だにわたし以外の人がモバイルSuica特急券をタッチしている人を一度も見たことがないんですもの…!!
※2018年7月21日現在の、あくまでも個人の主観です。

本当に使った方がいいですよ…。
モバイルSuica特急券を使うだけで、通常の切符を買うより10%くらい安くなるんですよ
本当にオススメしますので紹介します。

モバイルSuica特急券を使うメリット

モバイルSuica特急券のメリットは次の通りです。

  • チケットレス
  • 割引がある
  • いつでもスマートフォン一つで購入可能

特に割引がすごいです。

次の画像は山形〜東京間の運賃比較です。

えきねっとより

12%以上安いのです!
区間や時期によって値段は変動します。
それでも少しでも安くなるのは節約にもなりますし、ありがたいですよね。

「えきねっとトクだ値」といういわゆる早割もありますが、激戦でなかなかとれません。
モバイルSuica特急券なら、いつでも10%前後安い値段で乗れちゃいます。

こんなメリットだらけのモバイルSuica特急券、使わない手はないですよ。

モバイルSuica特急券があまり使われない理由

こんなに便利なモバイルSuica特急券がなぜ使われないかというと、おそらく次の理由があげられると思います。

  • 山形県内の移動でSuicaが使えないから、そもそもモバイルSuicaを登録していない
  • モバイルSuicaを登録はしているものの、新幹線の乗り降りで使うとなるとどう使っていいかわからない

わたしは後者でした。
山形県内には自動改札が導入されているところは少なく、ましてやモバイルSuicaなど使えるのか?という疑問はありました。

その疑問を解決してくれるアイテムが改札口付近にありましたので、次で紹介します。

モバイルSuica特急券”専用”の機械が設置してある

自動改札がない駅には次のような機械が設置してあります。


※高畠駅です。

これが、モバイルSuica特急券”専用”の改札です。

それぞれ、入場用・出場用に分かれています。

入場用は緑。

出場用は黄色。

「有人駅」だからできることでしょうね。
山形県内には無人駅が多くありますが、新幹線の停車駅は必ず有人駅ですから。

使うときはモバイルSuicaが登録されたスマートフォンをタッチしてあげるだけです。

切符の買い方や具体的な使い方は公式HPに詳しく掲載されていますよ。

まとめ|モバイルSuica特急券でお得に旅行しよう

10%以上も割引になるというのは驚きですね。
いいことづくしのモバイルSuica特急券。
あなたも使ってみませんか?

わたしはこれからも使い続けます(*´-`)

スポンサーリンク