【イヤホン】スマホで音ゲーするならワイヤレスイヤホンは使うな!

イヤホン

スポンサーリンク



どーも、音楽大好きタカハシシ(@ensis0exsequens)です。

スマホで音楽を聴いたりゲームをするときはイヤホンを使いますよね?
家で一人の場合などは「本体のスピーカーで音を出す」という人もいるとは思いますが、外にいるときや家族がいるときはなかなかそうもいきませんから、イヤホンは必須。

わたし自身もよくイヤホンを使っているのですが、ずっと「ワイヤレスイヤホン」が気になっていたので買って試してみました!
先に結論を言うと、「スマホで音ゲーするわたしには合わない」という結果になりました。

その理由を述べていきます。

今回使用したワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホン唯一のメリット

ワイヤレスイヤホンのメリットは、その名の通り「ワイヤレス」であることです。
Bluetoothを使用するので、本体にコードをさして使う必要がないんですよね。

確かにわずらわしいコードが無くなり、スッキリしました!

ワイヤレスの売りはここにあり、むしろメリットはこれだけです。

ワイヤレスイヤホンのデメリット3つ

ワイヤレスイヤホンにはデメリットがあります。
それは次の3つ。

  1. 音と画面とのタイムラグ・音飛びが発生する
  2. 音質が有線に比べて落ちる
  3. 充電しなければならない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.音と画面とのタイムラグ・音飛びが発生する

現状、ほぼ確実にタイムラグが発生します。
1秒未満のわずかなタイムラグではあります。
しかし、音ゲーをプレイする人にとっては致命的です。

ほとんどのプレーヤーは音を聴きながら画面を見て操作していますよね。
しかし、音と画面とでタイミングがズレてしまうので、これでは正確なタイミングで操作することができなくなってしまいます。

Bluetoothを使ってスマホからの電波を受信して音を出しているため、これはやはり避けられないのでしょうね…。

また、使用環境によっては電波がさえぎられて音飛びが発生する場合もあります
車の鍵などを近づけると、電波の影響で簡単に音が飛んでしまいます。

2.音質が有線に比べて落ちる

ワイヤレスイヤホンと同価格帯の有線イヤホンを比べてみると、明らかに音質が落ちます。
音質を求めるなら、わずらわしくても有線イヤホンをおすすめします。

ちなみにわたしの場合、有線イヤホンはZERO AUDIOを使用しています。

3.充電しなければならない

面倒くさがりの人にとっては最大のデメリット、それが充電です。
有線イヤホンは本体に直接さすため電源不要でしたが、ワイヤレスイヤホンは本体に電源が必要です。

その電源は充電式となっており、ワイヤレスイヤホン本体に内蔵されています。

この充電が面倒なのです…。
充電し忘れると使いたい時に使えない、なんてことも。

わたしの使用していたサウンドピーツQ12はメーカーとしては6時間使用可能となっていますが、実際には5時間ちょっとでした。

実際に新幹線での移動中に使用していたのですが、東京〜山形間は片道およそ2時間半。
都内での移動や新幹線の待ち時間などもありますので、移動時間は6時間くらいかかります。
その間ずっと使用していたのですが、だいたい帰りの新幹線に乗っている途中で切れてしまうのです。
これはなかなかストレスでした…。

だったらコードがあってもいいや、というのが自分の率直な感想です。

まとめ|音ゲーするor音質にこだわるなら断然有線イヤホン

散々デメリットばかり書いてしまいましたが、特に音質にはこだわらない・ゲームもしないという方であれば、ワイヤレスイヤホンだと身軽になるのでおすすめです!

ただ、わたしと同じように、

  1. 音ゲーはする
  2. 音にこだわる
  3. 充電めんどくさい…

なんて人は有線イヤホンにしましょう!

有線だとZERO audioがお手頃価格ですし、音もいいのでおすすめです。

スポンサーリンク