トミカシステムベーシックどうろセット|トミカは走らせてこそ!入門にはちょうどいいコース

トミカ

スポンサーリンク



どーも、タカハシシ(@ensis0exsequens)です。

この度、車が大好きな息子のために、誕生日プレゼントとして「トミカシステムベーシックどうろセット」を購入したのでレビューします。

購入するまでは、床や机でトミカを走らせるだけでしたが、コースがあると遊ぶ意欲がまるで違います!
いい買い物をしました(*´-`)

というわけで、トミカシステムベーシックどうろセットについてお送りします。

箱・中身は?

箱はこんな感じです。

中にはパーツがずらり。

これを組み立てていきます。

赤のスバルインプレッサがついてくる

地味に嬉しいポイントとして、トミカのスバルインプレッサ(赤)がついてくるのです。

はじめてトミカで遊ぶお子さんでも、このセットだけ買っても遊べるというのは嬉しいですね。

親切設計で組み立て簡単!

説明書に従って組み立てていきます。
パーツの裏には、進行方向や高さが書いてありますので簡単に組み立てられます(*´-`)

そして道路のジョイント部を繋げるだけ。

簡単!

トミカシステムベーシックセット完成

組み立てが終わると、このような姿に完成します!

素晴らしい。

ちなみにパッケージでは、他のセットとの連結を考えてT字路部分が外に出ています。

しかし、このままの状態で走らせているとトミカが外に逃げてしまうので、我が家では内側に向けています。

子供が大喜び!トミカをブンブン走らせられる

完成して遊び方を見せてあげたら、子どもは大はしゃぎ。
すぐに遊び方を覚えて、トミカをブンブン走らせています。

下り坂になっているところにバーを設置すると、何台か連ねて一気に走らせることができますよ。

リップスポイラーやウイングが飛び出ているタイプのトミカはコースに引っかかりやすく、下り坂で止まってしまう場合があります。
特にトミカプレミアムシリーズに多いので、注意が必要です。

注意点:連結部分がとにかく外れやすい

ひとつだけ注意するポイントがあります。
それは、道路同士の連結部分がとにかく外れやすいのです。


ここです。

壊れるのを防ぐためだと思いますが、よく外れるんです…。

外れてトミカを走らせられなくなると、子どもに直せとせがまれます。
完全にトミカ道路修理屋さんとして扱われてしまいますので、それだけは覚悟しておきましょう……。

まとめ|トミカが好きなら走るコースも用意しよう

やはり、車は道路があってこそ。
トミカ専用のコースは子どもに大ウケでした!

トミカ・車好きなお子さんにはおすすめできるセットですよ(*´-`)

スポンサーリンク