【書評】『マスターの教え』で教わった宇宙の法則による引き寄せの力

書評

スポンサーリンク



どーも、タカハシシ(@ensis0exsequens)です。

突然ですが、あなたは引き寄せの法則を信じるタイプですか?
わたしは以前から信じてはいましたが、その法則の中でもうまくいっていること・うまくいかないことがあるのは感じていました。
その理由がこの本『マスターの教え』を読んで発見することができ、その法則の本当の使い方を学べました。

この一冊の本を読んでから、わたしのものの見方や捉え方は大きく変わりました。
この本に書いてある言葉の捉え方はあなた次第ですが、一度読んでみることをおすすめします。

誰のためでもなくあなたのためのメッセージ

冒頭の「読者の皆さんへ」の中にはこう書いてあります。

ページの中に、説明のできない「何か」が確実にあります。そして、それが素晴らしい霊力を持ち、読者にダイナミックな確信と気づきを与えてくれます。

本書が伝えているメッセージは、他の誰でもなく、あなた自身に向けられています。一つひとつの提言を完全に理解し、納得するように努めてください。

文庫本サイズで140ページ程度の本ですが、文字が大きいのでボリュームは多くありません。
何度も繰り返し、理解できるまで読むべき本です。

内容はストーリー仕立てになっています。
事業に失敗し、自殺しそうだったはずの「主人公の友人」が、たった一月で生き生きとして帰ってきた、という状況から始まります。
なぜ、その友人が元気を取り戻したのか、なぜ突然仕事がいい方向に動き出したのか、その理由を探るというストーリーで展開されていきます。

その理由は、友人が「マスター」と呼ばれる一人の人間に出会い、教えを受けたからだといいます。
その教えとは一体何なのかが気になってしかたがない主人公は、その「マスター」に会って、自分も教えてもらおうとします。

本の後半で語られるその教えの中で重要だと感じたポイントを紹介します。

『マスターの教え』で重要だと感じたポイント

1.心を開き、得られるものは吸収する姿勢

そもそもの取り組む姿勢の話です。

「私はこれらの教えに対し、心を開き、中立的な姿勢で、自分が得られるものは吸収しよう。
そして今現在、私に理解できない事実や、信じられない考え方や主張があっても、そうだからといって、それが正しくないとは言えない」

自分が受け入れる体制になっていない状態で話を聞いたところで、聞いた話は右から左に流れていくだけです。

講義や授業でもそうですよね。
他のことが気になってボーッと聞いているのと、自分の知識にしようとして真剣に聴いているのでは吸収力の違いは言うまでもありません。

そして、最初から疑ってかかったら何も信じられませんしね。笑。

話を一通り聞いて受け止めた上で、自分の中で理解し、情報の取捨選択をしましょう。

タカハシシ
理解しようとする姿勢が重要!

2.必要なものだけを選ぶ

あなたの心は、何年にもわたって何千という不必要な家具や絵画や装飾品、その他のがらくたが積り積って、そこらじゅうにちらばり、あらゆる場所に山積している家にたとえることができます。

〜中略〜

まず第一にしなければならないことは、あなたが成功するためにどうしても必要な家具の他は、一切、処分してしまうことです。

わたしたちは余計なものを持ちすぎているのです。
しようとしていることが多すぎるのです。
あれもやってこれもやって、なんてことを繰り返していたら、いつまでもプロフェッショナルになれずに中途半端で終わりです。

本当に成し遂げたいことがあるのなら、その一つに集中すべきだ、ということですね。

タカハシシ
これぞまさにエッセンシャル思考…!?

3.確固たる心象は必ず実現する

意識の中にどんな形であろうと、しっかりと保たれた心象は、必ず実現します。

わたしたちの心の中には凄い力を秘められているそうなのです。
しかし、その力を向ける先がバラバラになってしまっていては力が分散してしまって思うように力が発揮されなくなってしまって、結局目標が達成されなくなってしまうと言います。

その力の向ける先が「確固たる心象」としてはっきりしたビジョンを持っていれば、必ず実現されるということです。

例えば、「午後から仕事で会議のある〇〇ビルに行かなければならない」という状況になったとします。
そうすれば、次のことを無意識的に行うはずです。

  • 交通手段は何で行くのか
  • 何時に出発すれば間に合うのか
  • 午後からだから先に食事も済ます時間も考えよう など…

こんな感じで、目的を達成するための手段に意識が行くはずです。

途中に「食事のこと」など、余計と思われるものも入ってきますが、結局目的地がはっきりしているので勝手に軌道修正してしまいます。

タカハシシ
ビジョンがはっきりしていれば、自然と自分もそれに近づく努力をするということかな

まとめ

引き寄せの法則について、深く知るための本でした。
この本はかつて「運命の貴族となるために」というタイトルで販売されていたそうで、原題は「The message of a master」です。

この教えを実践していけば、宇宙の法則(引き寄せの法則)の力であなたの本当の目標が達成できるかもしれません。
わたしが紹介した内容は、本書のほんの一部です。
是非一度読んでみることをおすすめします。

この本の他にも、「心はゴムひも?!」という書籍も近いと思います。
引き寄せの法則に興味がある人は是非読んでみてくださいね。

スポンサーリンク