SUPER BEAVER-歓声前夜|『シアワセ』の再録!今のわたしと重ねて涙を流してしまった

音楽

スポンサーリンク



どーも、タカハシシ(@ensis0exsequens)です。

2018年6月27日に発売されたSUPER BEAVERのアルバム『歓声前夜』が発売されました。
その中に入っている曲『シアワセ』が最高だったので、このブログを見てくださっているあなたに伝えたいと思います。

この曲を聴いて、自分の本心と向き合い、決意し、行動出来ますように。

嘘をついて生きていく自分で良いのか?

例えば昨日までの自分に嘘をついて
手にするシアワセもありなのかな?
張り裂けそうな心の奥が
それじゃダメだと僕を殴る
思い返せば確かなことは
何一つ変わってなくて

わたくしごとですが、この記事を執筆している今、とても悩んでいます。
今までは、やりたいと思ったことも我慢して、嘘をついて、自分をごまかして生きてきました。
そんな自分と重ねてしまって、『シアワセ』を聴きながら、一人で涙してしまいました。

「本当にこのままでいいのか?」
「こんな人生・こんな生活を繰り返していていいのか?」

いいはずがないんです。
もうわたしの心の中で、答えは出ているんです。
現状に甘んじて、一歩踏み出すことを恐れている」だけなんです。

でも、そんな日々も今日で終わりにします。

僕が見せたあの日の覚悟は迷いながら
いつの間にか重さを変えて
僕の事支えていた

迷いながらも決断したこの覚悟が、いつかわたしを支える大事なものとなると信じています。

実は『シアワセ』は再録

実は、『シアワセ』という曲は2009年に一度発表され、CDも発売されています。
ボーカル渋谷さんの歌い方が変わったというのはありますが、メロディーはもちろん一緒です。

しかし既に『シアワセ』のCDは廃盤となっており、音源を探すのが困難な状態です…。

そしてよく聞くと、実は一部歌詞が変わっていることに気づきます。
これは後で説明します。

SUPER BEAVERの決意の表れ

張り裂けそうな心の奥に
これで良いのか問いかけた
思い返せば確かな事は
あの日から変わらなかった

なぜこのタイミングで再録されたのか、気になったので考察してみました。

『シアワセ』が発売された2009年といえば、SUPER BEAVERがメジャーデビューした年。
2018年には日本武道館でのワンマンライブを成功させ、今までとは比べものにならないくらい有名になったSUPER BEAVER。

それでも、「確かな事」「ベースとなっている考え方」は変わっていない、変わらない、と宣言するために『シアワセ』を選んだのかな、と思います。

『君』から『あなた』へ

僕があなたに伝えたいたくさんの言葉は
いつのまにか意味を変えて
大切なモノになった

前述した、歌詞が変わった箇所の一つです。
当初は「君に」だったのが「あなたに」に変わっています。

SUPER BEAVERはいつからか、ファンのことを「あなた」と呼んでいます。
2018年6月のタワーレコードのポスターにも次のようなキャッチコピーを掲載しています。
『あなたたちじゃない、あなたに歌ってるんだ。』

だからこそ、「君」という歌詞ではなく「あなた」を選んだんでしょうね。

まとめ|あなたにも『シアワセ』が訪れますように

今目の前に起こっていることは、「あなた自身が引き起こしている」ということです。
わたしが悩んでいる現状も、わたしが「決断できなかった」り「伝えることができなかった」りと、行動できなかった結果です。

自分の持つ『シアワセ』のビジョンに向かって、自分に嘘をつかずに前に進んでいきます。

スポンサーリンク