スノーピーク・ワンアクションローテーブル竹レビュー|収納・展開がラク!IGTロースタイルと相性抜群!

グッズレビュー

スポンサーリンク



こんにちは、キャンプ大好きタカハシシです。

家族ができるまではずっとソロキャンプで遊んでいたため、テーブルなんて一人用の小さいもので十分事足りていました。

ですが、ファミリーキャンプとなると話は別。
それなりにモノを取り揃えていかなければなりません。

そこで、今回はファミリーキャンプ用に『スノーピーク・ワンアクションローテーブル竹』を購入しました。

これが使いやすくて、IGTのロースタイルとも相性が良かったんです!
というわけで、今回は『スノーピーク・ワンアクションローテーブル竹』について、使用した感想をレビューしていきますね。

スノーピーク・ワンアクションローテーブル竹のスペック

キャンプ好きには名の知れた、新潟県に本社を構えるアウトドアブランドの『スノーピーク』から発売されているワンアクションローテーブル竹。
スペックは次の通りです。

  • サイズ:496×846×400(h)mm
  • 重量:5.5kg
  • 収納サイズ:248×846×50mm
  • セット内容:本体、収納ケース

ロースタイルにピッタリの、高さ40cmです。
わたしがすでに持っている同ブランドのローチェア・ベンチとの高さを揃えるためにローテーブルを選びました。

このシリーズは人気が高く、ロースタイルモデルの他にも次のようなラインナップがあります。

  • ワンアクションテーブル竹
  • ワンアクションテーブルロング竹
  • ワンアクションちゃぶ台竹S
  • ワンアクションちゃぶ台竹M

ちゃぶ台はなかなかおもしろいですよね。
チェアを使わないグラウンドスタイルなら良さそうです。

スノーピーク・ワンアクションテーブルの開封

それでは開封していきます。

外箱はシンプルな白いダンボールに、ステッカーが貼られています。

取り出すと、中には説明書と本体が入っています。
本体は収納ケースに入った状態です。

スノーピーク・ローテーブル竹を使用してみた感想

早速展開して使ってみました!
感想を交えながら紹介していきますね。

  1. 展開・収納が超簡単!
  2. IGTシリーズのロースタイルと相性抜群

1.展開・収納が超簡単!

とにかく展開・収納が簡単なんです。

展開方法は3ステップ。

1.収納ケースのマジックテープを外して広げます。

2.そのまま展開して、足を立てます。

3.カバーを外して完成。

これだけです。
とっても簡単なんですよ。

カバーは四隅にかけてあるだけなので、収納の際もカバーを掛けて折りたたんであげるだけ

収納の際に一つだけ注意です。
収納は逆順ですが、テーブル裏にあるロック金具を忘れずに解除してあげてくださいね。

IGTシリーズのロースタイルと相性抜群

スノーピークから展開されているIGTシリーズとも相性が良いんです。
IGTとは「アイアングリルテーブル&キッチン」の略で、同シリーズで様々な組み合わせをして、自分なりのキッチンを作り上げられるシリーズです。

IGTシリーズの40cmの高さのものと揃えれば、次の写真のように調理場と並べることができます。

スノーピーク・エントリーIGT×焼武者レビュー|初心者にピッタリの組み合わせでローテーブルとの相性もいい!

2019年5月18日

「いやいや、IGTにも接続できるテーブルがあるじゃないか!」

と、言われそうですが・・・。
IGTで展開されている接続テーブルを使用してしまうと、テーブルだけを動かすことができなくなってしまいます。
取り回しの良さを考えれば、IGTとは別にテーブルを用意した方が無難です。

おわりに

収納・展開がラクで、IGTとも相性抜群のワンアクションローテーブル竹。
一度この便利なテーブルを使ってしまうと、他のテーブルを使えなくなってしまうかもしれませんよ。

スポンサーリンク