サイフのスリム化へ!ソニー銀行で口座開設・デビットカードを作ってみた

生活

スポンサーリンク



こんにちは、ミニマリストになりたいタカハシシ(@ensis0exsequens)です。

先日、ソニー銀行に口座を開設してみました。
というのも、最近サイフがカードだらけで膨れ上がってしまっているので、効率のいいカードがないかを探していたのです。

すると、ソニー銀行が良いとの話…!
早速申し込んでみました。

ソニー銀行を選んだ3つの理由

理由は次の3つです。

セブン銀行、イオン銀行での預入・引出し手数料が無料

わたしにとって使い勝手が良い、ということが一番です。
自分の場合は家の近くにセブンイレブンがありますし、遠出したとしても全国にセブン銀行やイオン銀行はありますので、非常に便利です。

タカハシシ
手数料が無料と言うのは利用者としては大きいですね

月に2回まで送金手数料が無料

わたし自身株式投資を行なっているのですが、株式投資を行うには専用の口座にお金を送金しなければなりません。
月に一度程度しか送金はしないですが、地方銀行の口座からだと送金手数料がかかることがほとんどです。

しかしソニー銀行なら送金手数料が月に2回まで無料ですので、安心して送金できます。

デビットカード機能付きのSony Bank WALLETでキャッシュバック

口座を開設するとSony Bank WALLETというデビットカードが届きます。
このデビットカードで支払いを行えば、支払いをした金額の0.5%がキャッシュバックされます。

率は他社クレジットカードに劣りますが、現金で口座に入ってくるので現金派の人にとってはうれしいサービスですね。

タカハシシ
現金キャッシュバックの恩恵はありがたい!

登録は簡単でしたが、その後想定外のモノが届いた

必要事項の入力を送信したら、後は郵送でカードが届く事を待っているだけ、だと思っていました。

カードの前に何かが届きました。


タカハシシ
…これ、何!?

説明書によると「トークン」という名の暗証番号を生成する機械です。
トークンは暗証番号の認証等の際に使うそうで、これがないと二段階認証の承認が出来ないそうです。

タカハシシ
スゴイ、ナニコレ、ハイテク…。

当然ながらカード受取には本人確認が必要

郵便局から、ご丁寧に受取するための「確認の封書」が届きました。
その封書の中身を確認すると、『配達希望日を書いてFAXするか、直接窓口に身分証明書と印鑑を持って受け取りに来て下さい』という文書が入っていました。

いや、FAXて…イマドキ、固定電話すら無い家だって多いのに…

それはさておき、郵便局に行って無事に受け取る事が出来ました。

デビットカードって便利!!サイフのスリム化へ

ソニー銀行キャッシュカードのデビット機能のついた「Sony Bank WALLET」を申し込みました。


うむ。カードのデザイン、良い。
光の角度でレアカードさながらにキラキラします。

自分はデビットカードを使ったことが無いので、今回作るまではどこで使えるのかどうかも知りませんでした。
クレジットカードとほぼ同じ使い方で、VISA加盟店で使えるそうです。
ただし、1回払いのみです。

デビットカードの利点は、何よりもすぐに口座から引落しされるので使いすぎ防止になる、というのが大きいです!!

サイフのスリム化に!

これで財布の中身は

・現金(基本的にお札のみ)
・デビットカード
・クレジットカード
・運転免許証
・健康保険証

う~ん、スッキリ!

うまく活用して、無駄な支出を抑えていきます。

スポンサーリンク