プラレール博 in NIIGATA2019レビュー|楽しみながらプラレールが揃う初心者にこそオススメのイベント

プラレール

スポンサーリンク



こんにちは、タカハシシです。

今回はプラレールの祭典「プラレール博 in NIIGATA」に家族で行ってきました!

プラレール博は、

  • プラレール初心者でも楽しめる
  • アトラクションで遊びながらプラレールが手に入る
  • 限定のプラレールが販売されている
  • レールの量り売りもあって一通りのレールを買える

という、プラレールのお祭りです。

プラレール博 in NIIGATA 新潟

プラレール博 in NIIGATAで混雑を回避してスムーズに楽しむためのポイント3つ

2019年5月3日

遊びながら一通りのプラレールを手に入れられるので、ちょうどプラレールを始めようとしている方にこそオススメのイベントですよ。
そんなプラレール博 in NIIGATAについてご紹介していきますね。

会場到着は8:00頃|まだ駐車場は空いている

会場に到着したのは8:00。
まだまだ駐車場は空いていて、会場目の前の駐車場に停めることができました。

開場前の駐車場は300台駐車可能。
臨時駐車場は、道路を挟んで向かい側にもあります。
そちらは1,000台以上停められるので、かなり広いです。

子どもが小さいと歩く距離が長くなるのは辛いので、なるべく近くに停めたいところですね。

それでも入口には多くの人が並んでいた

入口まで行くと、すでに100人ほどの入場待ちのお客さんがいました。
開場まで1時間30分もあるというのに、この気合の入りよう。
イベントの人気ぶりが伺えますね。

なお、開場するまでに人数は10倍近くまで増えていました。

一部トイレは開放してくれていた

入場までの間、会場出口が開放されており、会場内のトイレが使用できました
長い待ち時間になりますので、これは非常に嬉しいですね。

準備されている様子もチラッと見れました。
もちろんバリケードがされていますので、見ることしかできませんよ。

オープン時間が早まって9:00開場

8:50くらいになると、スタッフの方が出てきてくださって、
「9:00オープンとなりますので、チケットをご用意ください」
というアナウンスが。

本来は9:30オープンなので、30分繰り上がりました。
混み具合によるものなのかはわかりませんが、これは嬉しいですね。
待ち時間は実質1時間で済みました。

気になる入場特典は?

プラレール博 in NIIGATA2019の入場特典は、次の2つのどちらかがもらえます。

  • 923型 ドクターイエロー中間車(5号車)
  • テコロでプラレール バーティー(クリアレッドバージョン)

入場チケット1枚につき1つもらえます。

2歳以下のお子さんで、無料で入場された場合にはもらえませんのでご注意を。


わたしたちは夫婦で2枚ありましたので、両方もらいました^^

入場したらすぐにプレイチケットと引換

入場してすぐのところにある「インフォメーション」に、プレイチケット引換所があります。

事前にプレイチケット付き前売り券を買っておけば、チケット売り場で並ばなくともプレイチケットを手に入れることができますよ。

プラレール博 in NIIGATA 新潟

プラレール博 in NIIGATAで混雑を回避してスムーズに楽しむためのポイント3つ

2019年5月3日

今回は2枚あるので、11枚綴り×2で、合計22枚のプレイチケットを手に入れました。

インフォメーションではシンカリオンのカードも貰えましたよ。

何よりも先にアトラクションへ|今回遊んだアトラクションをご紹介

おすすめの回り方は、
アトラクション→ショッピング→展示コーナー
という流れ。

まずは遊んだアトラクションを紹介していきます。

のりのりプラレール|プレイチケット9枚

一番人気ののりのりプラレール。
今回はプレイチケット9枚必要でした・・・。

写真を撮ってもらって、その写真を先頭にしたプラレールを作ってもらえるというものです。

開場してすぐに向かったものの、それでも5分ちょっとは待ちましたね。


出来上がった車両は黄色でナンバーは00。
単2電池で動きます。


自分たちの写真の入ったプラレールというのはなかなか嬉しいものですね。

ここで作ったプラレール、壊れてしまった場合には修理もしてもらえるんです。
作り終えたあとに「写真」と「説明書」をもらえますので、破損してしまった場合には、壊れたプラレールと写真を一緒に送れば修理してもらえますよ。
なくさないように保管しておきましょう。

車庫入れゲーム|プレイチケット7枚

続いては車庫入れゲームに行きました。
プラレール博 in NIIGATA 新潟 アトラクション
プラレールを走らせて、うまくあたりの車庫に入れば「シルバーメッキの新幹線(先頭車)」がもらえます。

今回はハズレてしまいましたが、それでも先頭車をもらえました。


車両は赤でナンバーは04。
単2電池で動きます。

プラレールつり(中間車・後尾車)|プレイチケット5枚

プラレールつりの中間車・後尾車ゾーンへ来ました。

ここまで、先頭車・中間車はすでに手に入っているので、後尾車を狙います。

プラレールつりは親が手伝っても良いそうです。
それでも中々難しく、妻と我が子が釣れたのは4つ。
わたしが見た中では14個も釣っていた人がいました・・・。
すごい・・・。

そして釣れた中から1つプラレールを選んで、もらうことができます。
釣れなくても1つ頂けるので、ご安心ください。


ここで手に入れたのはブルーの後尾車、ナンバーは05。

乗ろうよ!大きなプラレール|プレイチケット2枚

ここまで21枚のプレイチケットを使ったため、残りは1枚。
せっかくなので100円のチケットを1枚追加購入して大きなプラレールに子どもを乗せました。

大きなトンネルのあるコースを1周するもの。
乗るときには改札もあります。

うちの子どもは大はしゃぎで乗っていました。

ショッピングブースでは限定品が買える

一通りアトラクションで遊んだら、ショッピングへ。
ここでお目当てなのはイベント限定の商品です!

  1. 限定レールの量り売り
  2. 限定プラレール
  3. 限定トミカも売ってるよ
クレジットカードは使えず、現金のみですのでご注意ください!

限定レールの量り売り

レールを持っていない方にこそ嬉しい量り売り。
1gあたり4円となっています。

壁には参考レイアウトもあって、目安にできます。

かごに欲しいレールを入れ、重量を量ってもらいます。

すると袋に数字を書いてもらって、最後に他の商品と一緒にレジへ持っていって購入する流れです。

わたしが買ったのは、次の通りです。

  • 曲線線路×8
  • 直線線路×2

合計で161gとなりました。
161×4=644円
これに消費税を加えて696円でした。

これで、レールも揃いましたね。

限定プラレール

やはり気になるのはイベント限定販売のプラレール。
たくさん並んでいましたが、わたしが買ったのは「SLあそBOY」です。

令和最初の限定プラレール、だそうです。
すっかりネームバリューに負けてしまいました。笑。

限定トミカも売ってるよ

プラレール博ではありますが、同じタカラトミーから発売されているトミカのイベント限定品も発売されていましたよ。

わたし自身車が大好きなもので、ついつい3つも買ってしまいました・・・。笑。

展示ブース

最後に回ったのが展示ブース。
こちらもたくさんありましたよ!

超巨大プラレールジオラマ

とにかく巨大なプラレールジオラマ。

見る場所によって違ったプラレールが並んでいるので、場所を変えて何度も見たくなります。
プラレールはもちろん、各種トミカもレイアウトされています。
いやぁ、ずっと見ていられますね。

シンカリオンブース

人気の高いシンカリオンのブースもあります。

速杉ハヤトくんと一緒に写真を撮ったり、デフォルメされたシンカリオンとも記念撮影ができますよ。

トーマスブース

ずっと人気のトーマス。
こちらもちょっとしたアトラクションがあったり、トーマスのジオラマもありましたよ。

その他にも、小さい踏切やドクターイエローなどもありましたよ!

プラレール博で手に入れたプラレールとかかった費用

今回、まるっきりプラレール初心者のわたしが手に入れたプラレールと、一式を手に入れるためにかかった費用はこちら!

手に入ったものは次の通りです。

  • 先頭車・のりのりプラレール
  • 先頭車・プラレール(赤)
  • 後尾車・青
  • 中間車・ドクターイエロー
  • テコロでプラレール・バーティー
  • 限定レール1周分

かかった費用は次の通り。

  • プレイチケット付き前売り券代1,800円×2枚=3,600円
  • 量り売りレール696円

合計して4,244円

5,000円以内で遊びながらこれだけのプラレールが手に入りました。
プラレール単体として見れば高いかもしれませんが、子どもと一緒に楽しみながら手に入ったということを考えれば、かなりコストパフォーマンスは高いと感じました!
まるっきり初心者でもこれだけのプラレールが揃えば十分すぎるのではないでしょうか。

わたしの場合は限定プラレールや限定トミカも買っているため、もっとかかっていますがね・・・。

おわりに

子どもも大人も関係なく楽しめたプラレール博でした。
はしゃぎすぎたのか、帰りの車の中でうちの子は爆睡でした。

それでも帰ってきて早々、プラレールを広げて遊んでいましたよ。

またプラレール博があればぜひ行きたいですね。

プラレール博 in NIIGATA 新潟

プラレール博 in NIIGATAで混雑を回避してスムーズに楽しむためのポイント3つ

2019年5月3日

スポンサーリンク