円通院で作った数珠の紐が切れた!お直しに出してからの対応の早さが嬉しかった

円通院 数珠 切れた 旅行記

スポンサーリンク



こんにちは、タカハシシです。
先日、円通院で数珠を作りました。

円通院 数珠づくり

宮城県松島・円通院|オリジナルの数珠が作れるお寺!石の意味を聞いて今の自分を振り返る

2019年1月16日

が、せっかく作った数珠が切れてしまったのです。

円通院 数珠 切れた

縁起が良いとか悪いとか様々言われますが、わたしの場合は単純に負荷をかけすぎたのが原因です…。
数珠をしたまま重いものを持った時に引っ掛けてしまったんですね。

そして実は、円通院では数珠が切れたりした場合、数珠を送るとお直ししてくださるんです。
実際に切れてしまった数珠を送ってお直ししていただいたところ、とても丁寧かつ迅速に対応していただけました!
その方法と流れをご紹介していきますね。

数珠を直していただくのに必要なもの

送るために必要なものは次の通りです。

  • 封筒(送付用)
  • 封筒(返信用)
  • 切手(送付用・返信用)
  • 数珠
  • 数珠の写真など、直す形がわかるもの

一番大事なのは、「数珠の写真など、直す形がわかるもの」です。
わたしの場合は数珠を作った時に写真を撮っていましたので、印刷して同封しました。

数珠が切れるときを想像しておく、というわけではありませんが、数珠を作った時は写真を撮っておくことをオススメします。

写真がない場合でも、絵を描いたり、石の名前がわかれば文字として起こしたりと、伝わりさえすれば大丈夫です。

対応の早さに驚き

わたしが山形県から数珠を送付したのが2019年2月18日。
手元に届いたのが同年2月21日と、かかった時間はたったの3日でした。

円通院 数珠 切れた

添書には2月20日と書かれていますので、届いた日かその翌日には直してくださったんだと思います。

もちろん混み具合等にもよって差は出ると思いますが、素早い対応で嬉しかったですね。

おわりに

わたしは運動時と入浴時以外は常に数珠を身につけています。
もはや身体の一部になっているので、無くなると不安になるくらいです。

そんな数珠を直してくれるサービスがあるのは嬉しいですよね。

数珠が切れないことが一番ではありますが、そんなシーンに遭遇してしまった場合はお直ししていただきましょう。

円通院 数珠づくり

宮城県松島・円通院|オリジナルの数珠が作れるお寺!石の意味を聞いて今の自分を振り返る

2019年1月16日

スポンサーリンク