腹が減っては戦(ライブ)に行けぬ!ハンガーノックに気をつけて!

スポンサーリンク



どーも、タカハシシです。
先日、大好きな大好きなSUPER BEAVERのライブに行ってきたのですよ!!

が、しかし。
ハンガーノックにより、最後の3曲が聴けずにライブハウスから離脱してしまいました…泣

ハンガーノックとは?

ハンガーノックとは、簡単に言ってしまえば「エネルギー不足によってダウンしてしまう」状態です。
糖分が減ってしまい、体を思うように動かすことが出来なくなり、症状が重いと失神してしまうこともあります。
今回、私はハンガーノックにより、まともに立っていることが出来なくなり、ライブハウスの外でうずくまってしまいました。

なぜハンガーノックになったか

今回のライブの開始時刻は19時。
開場は18時。
だとすると、わざわざライブに行く人は当然その時刻より前に行こうとするのが常。
…はい、勘のいい人は気付いたかもしれません。
そう、私は夕飯を食べずにライブに臨んでしまったのです。
前半〜中盤まではよかったものの、後半はもう足のかかとのあたりや両手の小指あたりから痺れだしてしまい、ライブどころではありませんでした。
幸い、すぐ近くにドラッグストアがあったので、そこでウイダーインゼリーを買い、すぐに栄養補給。
小一時間休憩したら普通に歩けるようになりました。

しっかりと予防を!

私の場合は症状の程度が軽かったからよかったものの、意識障害を起こして倒れてしまっては非常に危険です。
そこまでいってしまうと口からの栄養補給は出来ず、病院で点滴をうつほかなくなってしまいます。
そうならないためにも、ライブ前には必ず栄養補給を怠らないでくださいね!!

スポンサーリンク