【山形県南陽市・6DINING】地元の農産物を活かした地域密着型カフェレストラン

グルメ

スポンサーリンク



どーも、タカハシシ(@ensis0exsequens)です。

2017年12月18日にオープンした「TERRACE RUBAN Akayu(テラス・ルヴァン・アカユ)」の中にある「6DINING」というカフェレストランに行ってきました。

「TERRACE RUBAN Akayu(テラス・ルヴァン・アカユ)」は、
住宅会社の「株式会社ホリエ」の住宅デザインブランド「シエルホームデザイン」が手がけた建物で、住宅展示場とカフェレストランを併設している建物です。

ホームページにも外観が載っていますが、とても素敵なリゾートスタイルの建物でした。
公式サイトはこちら

入ろうとした時にすでに気分がいい!

店内に入ろうとすると、中から
「いらっしゃいませ!」
と、店員さんが扉を開けてくださいました。

こんな経験が今まで無かったので、正直驚きました。
しかし気分は良いものですね!

高級レストランやら高級ホテルなんかだとこういう気分を毎回味わえるのでしょうか…?

店内から外がスッキリ見えるデザインの建物ですから、店員さんも外に気を配ってくださっているんでしょうね。

あ、外観の写真を撮り忘れてしまったので公式サイトを御覧ください。笑。

店内はリゾートスタイルな落ち着いたカフェ

店内は2人がけの席がいくつかとカウンター3席、あとは4~5人は座れるソファ席も有りました。
また、2階にはキッズスペースもあるそうなので、お子さん連れでも気軽に行けそうですね。

自分が行ったときは団体さんがいらっしゃったようで、2階席は満席だったようです。

席につくと、水ではなく「ルイボスティー」が出てきたのには驚きました。

地元愛を感じられるメニュー

まずメニューの表紙を開くとこんな文字が。

素敵ですね!
地域に根ざしたレストランにしよう、という強い思いが伝わってきます。

その他にも取引先と思われる農家さんたちの写真が掲載されていました。
地元の農産物のPRにもなっていていいですね。

気になる中身は是非足を運んでご覧になって下さい。

サラダランチ(税込1,280円)

サラダランチ・中津川の雪室じゃがいもとイイダコのマリネサラダ

飯豊町の中津川地域で作られたもので、「雪室」という、いわば天然の冷蔵庫で熟成させたじゃがいもだそうです。
雪室で熟成させることで糖度が増して甘みが強くなるそうです。

パンをサラダのソースにつけるととっても合う…!
おいしいです^^

スープ・食後のデザート・飲み物も付きます。
自分はホットコーヒーを選びました。

食後のデザートはりんごシャーベットのラズベリーソースがけでした。
名前を聞いたわけではないのでこの名称は正確ではないかもしれません。笑。

帰り際も気分がいい

お会計を済ませて帰る際も
「ドアをお引きします」
と、駆けつけてくださいました。

こういう気遣いを徹底しているお店って少ないと思います。
いやほんとに、それくらいのことと思いがちですが、かなり心に残ります。

食事はもちろんですが、「また行きたい!」と思わせる価値が十分にありました。
ごちそうさまでした!

TERRACE RUBAN Akayu 6DINING

※情報は執筆現在2018年1月現在のものです。

スポンサーリンク